涙を拭いて

NAMIDA WO FUITE
涙を拭いて

ジューシーなトロピカルフルーツの甘さの中から、ユーカリの香りがスーッと鼻を突き抜けます。
キャンドルでは珍しい爽快感のある香りで、初めて嗅ぐ匂いと評判の複雑な香りが特徴です。


灰色の分厚い雲が空を覆い隠すような日は、頭がぼーっとしたり、とてつもない眠気に襲われ、雨が降ればなんとなく気分まで沈んでしまう。

私は天気が悪い日がどうも苦手ですが、そんな憂鬱な気持ちを少しでも和らげる存在にアロマキャンドルはなり得るということに気づきました。

私と同じように天気の悪い日が苦手、
薄暗い部屋で仕事をするにも捗らない、だからといって昼間から煌々と蛍光灯をつけるのもちょっと違う、
そんなときにはぜひこのキャンドルを焚いてみて欲しいと思います。

窓を少し開けて雨音を聴きながら、揺らぐ炎を見つめ、
スッキリとした香りに包まれると、苦手だった雨さえも心地良いものに変わっていくのを感じられます。

まさに、この梅雨の時期にぴったりのキャンドルです。

癒しのアイテムとしてだけでなく、気持ちをスッキリさせるキャンドルをぜひ一度試してみてください。

憂鬱な気分を少しでも和らげられますように。

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。